ここから本文です

THE YELLOW MONKEY、15年ぶりのスタジオリハ音源を配信

BARKS 8月16日(火)21時30分配信

THE YELLOW MONKEYが、「Subjective Late Show」のスタジオリハーサル音源を期間限定で配信した。

◆THE YELLOW MONKEY オフィシャルサイト

1992年リリースのファーストアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』の収録曲であり、昨年2015年の夏に約15年ぶりにスタジオに入った4人が1曲目に演奏した楽曲が、この「Subjective Late Show」であった。

今回のリハーサル音源は、事前になんの予定楽曲もないままメンバーのみでスタジオにこもり、ライン録音した音源となる。よって、生々しい集結の一発目の空気を感じることができる内容とのこと。さらに、演奏直前の会話も収められているようなので、ファンはチェックしてみて欲しい。THE YELLOW MONKEYがこれまでリリースした楽曲が聴き放題(一部、提供外の楽曲有)のTHE YELLOW MONKEYオフィシャル・ファンクラブ会員限定コンテンツ“TYMS MUSIC”にて試聴可能だ。

なお、バンドは11月より全16公演にわたるホールツアー<THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 ?SUBJECTIVE LATE SHOW->をおこなう。今回の音源は、同ツアーのチケット先行受付終了にあたる8月21日(日)23:59までの期間限定で配信される。

■楽曲の視聴URL
http://theyellowmonkeysuper.jp/feature/music
※配信期間:8/21(日)23:59まで
※TYMS MUSICはスマートフォン端末専用のサービスです。

最終更新:8月16日(火)21時30分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。