ここから本文です

ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ、ロバート・トゥルージロ&マーティン・フリードマンと共演

BARKS 8月19日(金)12時22分配信

日曜日(8月14日)、アコースティック・ギター・デュオのロドリーゴ・イ・ガブリエーラが米カリフォルニア、ハリウッド・ボウルで開いた公演に、マーティ・フリードマン(G)とメタリカのロバート・トゥルージロ(B)がゲスト出演した。

◆ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ、マーティ・フリードマン、ロバート・トゥルージロ画像

この夜の公演は、オーケストラとのコラボというロドリーゴ・イ・ガブリエーラらしいパフォーマンスでスタートし、6曲目でオーケストラに加え、彼らが若いころのヒーローの1人だったというフリードマンも参加。アルゼンチンの作曲家アストル・ピアソラのタンゴ「Oblivion(忘却)」を演奏したそうだ。

ロドリーゴ・イ・ガブリエーラの2人はその後、メガデスの「Holy Wars」をプレイ(フリードマンは参加せず)。そして、トゥルージロと一緒にメタリカの「Orion」「For Whom The Bell Tolls」「Battery」のメドレーをパフォーマンスした。

アコースティック・ギター・デュオの公演には意外なゲストだが、ロドリーゴとガブリエーラはもともとTierra Acidaというメキシコのスラッシュ・メタル・バンドの出身。トゥルージロとの共演では、アコースティック・ギターながらヘッドバンギングも入る激しいパフォーマンスを見せた。

フリードマンとトゥルージロが同じステージに立つことはなかったが、ロドリーゴとガブリエーラは公演後、楽屋で彼らと一緒に撮った写真を公開している。

Ako Suzuki

最終更新:8月19日(金)12時22分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。