ここから本文です

五輪メイン会場で巨大テレビカメラが落下、7人が負傷

AFPBB News 8/16(火) 8:28配信

(c)AFPBB News

【8月16日 AFP】リオデジャネイロ五輪のメイン会場、オリンピック・パーク(Olympic Park)で15日、ワイヤでつるされていた巨大テレビカメラが地面に落下し、7人が負傷した。大会広報担当者が明らかにした。

 上空からオリンピック・パークを撮影するために使用されるスパイダーカムが、バスケットボール会場外の地面に落下。ツイッター(Twitter)に投稿された動画には、出血した2人の女性がショックを受けた様子で地面に座り込む姿が映し出され、一人は鼻から出血、もう一人は腕に血がついていた。

 そのほかの映像では、小型のオートバイくらいの大きさのカメラが壊れている場面が確認でき、すぐそばで少女が担架で救急車に運ばれている様子もみられた。

 今回の事件について、大会広報担当者は「オリンピック放送機構(Olympic Broadcasting Services)がカメラを動かす際、カメラが重すぎることに気づき、周辺の立ち入りを制限し始めました。彼らはワイヤがもう少し重さに耐えられると考えていたようですが、カメラは落下し、立ち入りを制限するために置かれていたフェンスを直撃した」と説明している。

「カメラとフェンスが女性2人に接触しました。現在情報収集にあたっていますが、7人が負傷したとみられます。彼ら(のけがの程度)は深刻ではありません」

(c)AFPBB News

最終更新:8/16(火) 16:58

AFPBB News

なぜ今? 首相主導の働き方改革