ここから本文です

夏休み中、子どもに最もやらせたいことは、とにかく「夏休みの課題」!?

ベネッセ 教育情報サイト 8/16(火) 10:00配信

長期の休みとなる夏休み、気をつけないと、子どもは毎日ダラダラと過ごすことになってしまいかねませんよね。学校から出された宿題もありますし、毎日家にいることから不規則な生活になりがちな面もあるでしょう。また、2学期に向かう大切な時期でもあり、夏休みの過ごし方で勉強にも差が出てしまうことを心配する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

とても大切な夏休みの過ごし方、子どもにどうしてほしいか、考えている親御さんも多いことでしょう。そこで、勉強や家庭での生活のことで、子どもにさせたい3つのことについて100人の方にアンケートを取り、意見をうかがってみました。

早めに終わらせてほしい! とにかく夏休みの課題と答えた人が最も多い!

【質問】夏休み中、次の3つのうち、子どもに最もやらせたいことは何ですか?

【回答数】
とにかく夏休みの課題:57%
整理整頓、部屋の片づけ:27%
2学期からの目標設定:16%

アンケートによると、「とにかく夏休みの課題」と回答した人が57人と最も多い結果となりました。

・まずは目先の夏休みの課題をきちんとさせたいと思います。それ以外はその後ですね。(40代/男性/会社員)

・たくさんの休みの中、宿題をコツコツやることの大切さを知ってほしい。そしていつの間にか時間の管理ができたらうれしい。(30代/女性/専業主婦)

・課題をやり遂げないと、親も安心できないので、まず、課題が終わってからほかのことをさせる。(50代/女性/無職)

・夏休みの課題を決める。明日からはこれをやると決めていけばそれに必要なものが見つかる。そうすれば自然と整理整頓するようになると思う。(50代/女性/専業主婦)

課題に取り組むのが遅くなって後で苦労することが多く、まずは夏休みの課題をしっかりさせたいといった声が多くありました。まだまだ休みがあると、ついつい後回しにしてしまいがちな傾向を心配する人が多いようです。宿題をコツコツやることの大切さを知ってほしいという意見もあるように、子どもには積み重ねていくことの大切さを身につけてほしいようですね。そのことが、子どもの自信につながるのかもしれませんね。

1/2ページ

最終更新:8/16(火) 10:00

ベネッセ 教育情報サイト