ここから本文です

マリーンズカップ熱戦展開中! 浦安リトルシニア逆転で4強、千葉西リトルシニア快勝

ちばとぴ!チャンネル 8/16(火) 9:42配信

◆まるでミラクルマリーンズ!

 逆転勝利でベスト4進出を決めた。8月14日、八千代総合運動公園野球場にて行われた浦安リトルシニア対市川リトルシニア戦。七回1点ビハインドの一死満塁の場面で石神秀都くん(宮本中3年)がレフト前に同点適時打。さらに続く、石神悠樹くん(松江五中3年)が勝ち越しの右犠飛を放ち、勝ち越しに成功。試合を決めた。

 同点打を放った石神秀都くんは「松戸中央ボーイズとの試合(昨日)から1本もヒットが出ていなくて、すごく悔しい思いをしていたので気持ちで打った。(打った瞬間は)とにかく抜けてくれと思った。最後の大会なので、みんなで優勝したい」とホッとした様子。勝ち越しの犠飛で試合を決めた石神悠樹くんは「初戦にあたった四街道リトルシニアに試合後、千羽鶴をもらった。四街道リトルシニアの為にも負けられないと思って打席に入った。(打った瞬間は)外野が前に来ていたので、これは犠牲フライになるかなと思った。最後の大会なので、絶対に優勝したい」と満面の笑みを見せた。

 キャプテンで4番センターを務める小林遼也くん(深川二中3年)も「昨日、ボーイズ全国ベスト16のチーム(松戸中央ボーイズ)を倒していい流れで試合に臨めた。今まで勝ってきたチームのために、もっと団結力を高めて絶対に優勝します」と力を込めた。二回途中から七回まで無失点に抑える好投で流れを引き寄せた上島颯人くんは(深川三中3年)は「先発ピッチャーの鈴木君の分まで抑えてやろうと思ってマウンドにあがった。最後の大会なので、悔いの残らないように全員野球で優勝したい」と気合の表情。

 浦安リトルシニアのベスト4進出は初。優勝に向けて大きく前進した。準決勝2試合は8月20日に行われ、決勝は8月26日にQVCマリンフィールドにて行われる(雨天等の日程変更により、時間場所は変更になる可能性あり)

◆4番の同点本塁打で勢いづく!

 千葉西リトルシニアがマリーンズカップ、ベスト8進出を決めた。8月13日、ナスパ・スタジアムにて行われた成田リトルシニア戦。4番一塁でスタメン出場した池永 佑斗内野手(中学3年生、打瀬中)が二回にレフトスタンドに同点ソロを放つと、チームは勢いづき、3回に2点を挙げ、勝ち越し。その後も、効果的に追加点をとり、7-1で勝利した。

 3打数2安打1犠打1打点の活躍を見せた池永君は「最高に気持ちよかったです!打った瞬間は、ホームラン(柵を越える)になるとは思っていなかったがチームメイト・保護者の声で入ったことがわかりました」と笑顔。試合後はホームランボールを手に喜びを爆発させた。
  
 次は8月14日にベスト4を賭けた大事な一戦が待っている。「1年生の時に優勝しているチームを見ていて優勝したい!と気持ちが強いですが、先の事は見ずに一戦必勝で最終的にチームメイトと一緒に笑顔で終われる夏にしたいです」と池永くん。2014年以来となる優勝に向けて、燃えていた。

最終更新:8/16(火) 9:42

ちばとぴ!チャンネル