ここから本文です

関東地区 鉄スクラップ相場堅調 需給、一定の引き締め感

日刊産業新聞 8月16日(火)10時48分配信

 関東地区の鉄スクラップは底堅い相場展開となっている。8月入り前後から、湾岸電炉メーカーを中心に安値修正、買値引き上げが散発した。15日時点で地区電炉メーカーの鉄スクラップ炉前購入価格(H2)はトン1万7500―1万9000円前後、高値トン1万9500円。浜値はFASトン1万9000―1万9500円どころで推移。一部メーカーの炉前価格は前月末からトン500―2000円高になっている。

最終更新:8月16日(火)10時48分

日刊産業新聞