ここから本文です

墨子、宇宙へ。中国が量子科学実験衛星を打ち上げ

sorae.jp 8/16(火) 10:30配信

日本時間8月16日午前2時40分、中国甘粛省にある酒泉衛星発射センターから、量子科学実験衛星(Quantum Experiments at Space Scale、QUESS)が長征二号丁ロケットで打ち上げられました。同衛星は地球の北極から南極方向へと周回する太陽同期軌道に投入され、同センターは打上げ、軌道投入に成功と発表しました。なお、同衛星とともに、希薄大気実験科学実験衛星とスペインの科学実験衛星も相乗りで打ち上げられました。また、長征ロケットシリーズ全体としては234回目の打上げとなります。

愛称は「墨子」 その由来は?

 この量子科学実験衛星は、打ち上げ直前に「墨子」という愛称が発表されています。墨子は春秋時代の思想家で、墨子や弟子らの思想をまとめた書物『墨子』には、現代の理学や工学に通ずる記述が多数収められていることが知られています。その中には、今でいうところのピンホールカメラの仕組みについて説明した箇所など光学に関する記述があり(光学八条とも呼ばれています)、このことから量子科学実験衛星の愛称にふさわしいという事で選ばれたということです。

 ちなみに、昨年12月に打ち上げられた暗黒物質探査衛星(DArk Matter Particle Explore、DAMPE)には「悟空」という愛称がつけられました。これは孫悟空が「妖怪の正体を暴く眼力を持つ」というところから採用されたものです。豊富な歴史と文化を有する中国だけあり、愛称をつけるのに元ネタがなくて困るという事はなさそうです。

宇宙でどんな実験を行うの?

 「墨子」は衛星軌道上、つまり宇宙空間と地上の間で量子通信の技術実証を本格的に行う世界初の衛星です。運用は上海量子科学実験衛星管制センターが担当し、北京興隆局、新疆南山局、青海徳令哈局、雲南麗江局など5か所の地上局との間で、量子もつれ実験及び量子配送鍵実験を行う予定です。また、チベット・ガリ地区にある地上局とは量子テレポーテーション実験を予定しています。

1/2ページ

最終更新:8/16(火) 10:30

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]