ここから本文です

ジョニー・デップがアンバー・ハードを怒鳴るビデオが流出!

ELLE ONLINE 8月16日(火)20時43分配信

8月12日(金)、ある衝撃的なビデオが流出。アンバー・ハードとジョニー・デップの自宅のキッチンで撮られたもので、アンバーを怒鳴りながらキッチンの棚の扉を乱暴にしめ、戸棚を蹴って罵るジョニーの姿が映っている。また持っていたワインのグラスを割るような音も。

アンバーが「一体どうしたの? 朝起きたときには優しかったのに。私はずっと謝っているわ」と怯えたように聞くと、「狂うところが見たいか? 狂ってやる」と怒鳴るジョニー。カメラを見つけたジョニーが「こういうことをするのか?」と怒鳴りカメラを激しく殴る様子が最後に映っているとか。

アンバーがジョニーのDVを証明する目的で撮影したのは明らか。でもアンバーの代理人は「流出には関与していない」と説明しているそう。「このようなことは望んでいません」「この数ヶ月の感情的、身体的なダメージを軽く見ていました。また私を侮辱しようとするマスコミの試みも見くびっていました。そのため私はこの問題をできるだけ公にしない方法で解決したいと思っています」と声明を出したとか。

ちなみにビデオが流出した翌日、8月13日(土)にはようやくアンバーの供述録取が行われたそう。なんとジョニーの弁護士からの質問は7時間にも及び、離婚直前に発生した暴力事件だけでなくこれまでの結婚生活での状況について尋ねられたそう。アンバーはこれまで通りの主張を続け、ジョニー側は「アパートのコンシェルジュや警察官が怪我を見ていないのはなぜか」と追及しているとか。DVの真相を巡って今後も激しい攻防が続きそう。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:8月16日(火)20時43分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。