ここから本文です

U14は戦術が光る第1シードの小柴が決勝へ、U12のジョーンズは2冠に王手 [全日本ジュニアテニス]

THE TENNIS DAILY 8/16(火) 7:00配信

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '16 supported by NISSHINBO」(大阪府・靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)の大会8日目は、14歳以下男女シングルスと12歳以下男女単複の各準決勝が靱テニスセンターで行われた。

女子12歳以下は古賀彩香と光崎澪、14歳以下は伊藤汐里と松田絵理香が決勝へ [全日本ジュニアU12&U14/女子]

 大会7日目まで江坂テニスセンターで行われた14歳以下と12歳以下の各種目も、8日目より靱テニスセンターに会場を移して準決勝を行った。

 14歳以下男子シングルスは第1シードの小柴遼太郎(関西/三木ロイヤルTC)と第2シードの間中啓(関東/むさしの村ローンTC)が明日の決勝進出を決めた。

 第1シードの小柴は準決勝で第3シードの木村優希(関東/昭和の森ジュニアTS)と対戦。「はじめのうちは緊張してラケットにボールが当たらなかった」という小柴だが、いきなり木村のサービスをブレークすると自らのサービスゲームではサービスを軸に攻めるプレーで第1セットを6-3で先取。第2セットでは逆に木村が攻める展開となったが、小柴は慌てず「相手のバックハンド側に高いロブなどを打って、チャンスがきたらバックのストレートで勝負する」と作戦を練り、武器であるバックのストレートをより生かすプレーを心がけて第2セットも6-2。ストレートの快勝で決勝に進んだ。

 明日は、小柴は昨年10月のRSK杯全国選抜ジュニアの準決勝で対戦した間中と決勝を争うが、前回の対戦では3-6 0-4の劣勢から挽回して小柴が勝利。その後、決勝も制して全国優勝を果たしている。

 第1シードの小柴だが、「優勝」という言葉は意識することはなく、「とにかく1試合1試合必死です。僕は試合の状況によって作戦や戦い方を考えていくので、明日もそういった展開になると思います」と決勝のプレーについて語った。

 12歳以下男子シングルスでは、準決勝で全国選抜ジュニア12歳以下優勝のジョーンズ怜音(東海/三重GTC)と全国小学生大会優勝の中村健太(関東/志津TC)が対戦。

「コートの前に出てポイントをとっていきたい」と話していたジョーンズだが、試合序盤はむしろ中村が先にコート前方で積極的なプレーを見せ、ジョーンズは守りに回る場面が多かった。それでも、自ら声を上げて気迫を見せるジョーンズはロブやパッシングショットなどで中村の攻めをしのぎ、6-3 6-2のストレートで勝利。

「優勝をねらっている」と話すジョーンズは、決勝では第3シードの水口翔瑛(関西/テニスプラザ尼崎)と対戦する。水口は準決勝で、第6シードの三好健太(関東/シンズあざみ野テニスチーム)を6-3 6-4で破って決勝進出を決めている。

 また、ジョーンズは眞田将吾(東海/三重GTC)と組んだダブルスでも決勝に進み、12歳以下で2冠をねらう。

(テニスマガジン/ライター◎田辺由紀子)

最終更新:8/16(火) 7:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]