ここから本文です

11試合12ゴールで得点ランキングトップを快走する鄭大世「苦しいところで決められるFWになりたい」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月16日(火)9時40分配信

7月のMVPは8月も爆発中

14日にJ2リーグ第29節が開催され、清水エスパルスがホームでレノファ山口と対戦。同試合で清水FW鄭大世が2得点を記録した。

7月は6試合に出場して7得点を決めるなど月間MVPを受賞した鄭大世は、8月に入っても7日の札幌戦、11日の長崎戦で連続ゴールを決め、14日に行われた山口戦では2得点を記録。チームは勝ち点3を手にすることができなかったが、鄭大世は得点ランキングの首位をキープしている。

試合後、鄭大世は「最近はゴールを決めているので、ボールが集まってきて、周りが良い動きで良い突破で、(ゴールを決めた)2本とも良いパスをくれた。今日はスーパーゴールでもなんでもないです」とコメント。「僕の課題としては、終盤のチャンスがあるところで決めたいですね。苦しいところで決められるFWになりたいです」と語っている。Jリーグ公式サイトが伝えた。

清水は次節、21日に好調の横浜FCと対戦する。最近11試合で12得点を記録している鄭大世は次節もネットを揺らし、今度はチームを勝利に導くことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月16日(火)9時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。