ここから本文です

【動画解説】台風7号 17日にかけて大荒れのおそれ 関東最接近は明け方

ウェザーマップ 8/16(火) 13:06配信

 台風7号が勢力を維持したまま北上し、関東に近づいています。17日にかけて関東から北海道では、太平洋側を中心に暴風や高波、大雨などに警戒が必要です。

 台風7号はこのあと伊豆諸島の東海上を進み、関東に最も接近するのはあす17日の明け方頃になる見込みです。その後はスピードを上げて北日本付近を北上し、17日夜には北海道に達するでしょう。予報円の西側を通った場合は関東から北海道のどこかに上陸するおそれもあります。

雨と風が強まる前に、波の影響が出始めています。17日にかけて予想される波の高さは北海道・東北の太平洋側と関東で8メートルに達する見込みです。
海は大しけとなりますから、できるだけ海岸付近には近づかないようにしてください。

 また、17日にかけて交通機関に影響が出るような暴風が吹くおそれもあります。予想される最大瞬間風速は、北海道・東北の太平洋側・関東の強い所で35メートルです。
 さらに大雨にも警戒が必要です。16日正午現在、関東や東北では晴れているところがありますが、夕方ごろになると関東地方に台風本体の雨雲がかかり始めるでしょう。17日にかけて関東から北海道の太平洋側を中心に雷を伴って非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリを超える猛烈な雨が降るおそれもあります。17日昼までに、関東と東北で250ミリ、北海道で150ミリの大雨が予想されています。

 今回は関東から北海道の広い範囲で大雨・暴風・高波などへの警戒が必要です。特に関東と東北南部は16日夜から17日の朝にかけて、暗い時間に雨風のピークを迎えそうですから、念のため、停電に備えて懐中電灯などを準備しておくとよいでしょう。また、屋外の飛ばされやすいものを室内に移動するなど、できるだけ早めに台風対策をしておきましょう。
(気象予報士・尾崎朋美)

最終更新:8/16(火) 13:06

ウェザーマップ

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。