ここから本文です

今後もメダル候補続々 県民栄誉賞 県勢の活躍みて検討へ/富山

チューリップテレビ 8月16日(火)9時45分配信

 リオオリンピックで金メダルを獲得した、田知本遥選手の県民栄誉賞について、石井知事は、ほかのメダル候補の試合結果を見た上で、具体的な検討に入ることを明らかにしました。

 石井知事は、15日の定例会見で、メダルが期待されるレスリングの登坂絵莉選手や競歩の谷井孝行選手の試合結果を見た上で、県民栄誉賞についての検討委員会を開く考えを示しました。
 検討委員会は、各界の有識者で構成され、県民栄誉賞を贈ることが妥当かどうか協議されます。

 「精進に精進を重ねて、『金メダル』という、いわば世界の頂点ですから、そうしたものを獲得されたというのは、本当に素晴らしいと思いますし、富山県の誇りであり希望だと」(石井知事)

 県民栄誉賞が田知本選手に贈られると、これで4人目となります。
 県民栄誉賞は、これまでに、映画『おくりびと』でアカデミー賞・外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎監督と、バンクーバー・オリンピックのスピードスケートで銀メダルを獲得した田畑真紀選手、穂積雅子さんのあわせて3人に贈られています。

チューリップテレビ

最終更新:8月16日(火)9時45分

チューリップテレビ