ここから本文です

【動画】台風7号 東北に上陸の可能性 関東以北の太平洋側 大雨警戒(16日18時更新)

ウェザーマップ 8月16日(火)18時12分配信

ウェザーマップ

 台風7号は水曜日の明け方には関東地方にかなり接近し、朝から夕方にかけて東北地方に接近、または上陸のおそれがあります。関東や北日本の太平洋側では大雨や強風、高波に警戒が必要です。

 台風7号の影響で、火曜日の夜は関東地方で非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。その後、水曜日にかけて台風に伴う活発な雨雲は東北、北海道へと移り、太平洋側では激しい雨や雷雨になる見込みです。

 雨のピークは、伊豆諸島や関東では火曜日の夜から水曜日の朝にかけてとなり、風は日中も強い状態が続きます。東北南部は日付が変わる頃から水曜日の午前中にかけて、東北北部は日中、北海道は夕方以降が大雨と強い風に警戒が必要な時間帯です。

 水曜日の夕方にかけて予想される雨量は多い所で関東・東北で250ミリ、北海道で200ミリとなっています。予想される最大瞬間風速は北海道・東北の太平洋側と関東で35メートル、波の高さは8メートル。大雨や暴風、高波に警戒が必要です。

 日中は東日本と西日本では晴れる所が多いですが、午後を中心ににわか雨や雷雨がありそうです。
 最高気温は東日本と西日本で35℃前後、北日本で30℃前後の予想です。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:8月16日(火)18時12分

ウェザーマップ