ここから本文です

インカレ 小林雅哉らベスト16入り<テニス>

tennis365.net 8月16日(火)15時21分配信

全日本学生テニス選手権大会

大学テニス日本一の座をかけた平成28年度全日本学生テニス選手権大会(インカレ)は16日、岐阜メモリアルセンター(岐阜県岐阜市/ハードコート)で男子シングルス3回戦が行われ、小林雅哉(早稲田大)、切詰魁(明治大)らが4回戦進出を決めた。

全日本 小林雅哉が上杉海斗下す

小林は得意のストローク戦と多彩なネットプレーで川橋勇太(筑波大)を6-3, 6-1のストレートで下し、ベスト16進出を決めた。

4回戦では坂井勇仁(早稲田大)と村上彰啓(法政大)対戦する。

小林は昨年の全日本ジュニア選手権18歳以下のシングルスで優勝、今年の早稲田フューチャーズではベスト4入りを果たしている。

今回のインカレが初出場の小林は、初優勝を狙う。

また、明治大学の主将である切詰は6-1, 6-2の快勝で、畠山成冴(慶應大)を下した。

この試合、序盤から切詰がペースを掴み、左右に揺さぶるストロークで勝利した。

4回戦では第3シードの竹元佑亮(日本)(関西大)と対戦する。

敗れた畠山は自身のミスが先行し、ゲームポイントなど大事なポイントを取りきれなかった。

個人戦シングルスは96名の選手が出場しており、トーナメントで競い合う。試合形式は3セットマッチで行われる。

男子シングルスの上位シード勢は、諱五貴(明治大)、染谷和隆(関西大)、竹元佑亮(関西大)、上杉海斗(慶應大)。

昨年の同大会では今井慎太郎(早稲田大卒)が優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:8月16日(火)15時21分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。