ここから本文です

「お盆休み」にも、仕事のことを考えてしまいますか?

TOKYO FM+ 8/16(火) 13:00配信

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。8月15日の「社会人意識調査」のテーマは「『お盆休み』にも、仕事のことを考えてしまいますか?」。はたして、その結果は……?

Q.お盆も仕事のことを考えてしまいますか?

考える 64.6%
考えない 35.4%
(回答数:268票)

◆「考える」派の意見
「明後日に面談、そして『査定』があります。悪いことはしてないと思いますが、査定で何を言われるのかビクビクしてます」
(千葉県 27歳 女性 美容師)

「お盆休みで一週間も会社を休める!ということでお休み前からテンション上がりまくりだったんです。最初はお休みを満喫してましたが、休みも半分を過ぎたころから、大量の仕事が待ち構えてると思うと憂鬱になり、お休み明け、ちゃんと仕事を消化できるか、生きていられるか心配です」
(東京都 30歳 男性 営業)

「明日までお盆休みですが、家にこもって仕事をしています。所属している部署は9月から年末にかけて販売商戦を迎える商品を扱っているため、特にこの時期は準備することが山のようにあり、休みなんていらないくらい忙しいんです。でも、お盆休みの間は会社に出入り禁止になっているので、休日出勤もできず……。お盆休みなんていらない!!!!!!と思いながら、みっちり仕事がんばります」
(千葉県 43歳 女性 会社員)

◆「考えない」派の意見
「お休み前半戦はアクティブに過ごしたものの、後半戦は食っちゃ寝のぐうたら。それはそれで至福なんですが……。気になってるのは『体重』です」
(福井県 33歳 男性 会社員)

「今日が連休の最終日なのですが、朝からオリンピックと高校野球を観ながら飲み続けています」
(東京都 37歳 女性 会社員)

「お盆どころか、毎日仕事が終わった時点で、すべてすっかり頭から消してしまいます」
(愛知県 55歳 女性 パート)

番組リスナーの投票による結果は「考える」が64.6%、「考えない」が35.4%と、6割以上の人がお盆中も仕事のことを考えていることがわかりました。仕事の疲れをリフレッシュするためにも、休みのときはなるべく仕事のことは考えたくないものですが、この結果は勤勉な日本人の国民性とも言えるのではないでしょうか。

【仕事と休みの切り替えができる女性】
男女別では、「考える」と答えた人の割合は男性が72.7%、女性が53.5%と、およそ20%も開きがありました。女性は男性より仕事と休みの切り替えが上手にできているのかもしれません。

(TOKYO FMの番組「Skyrocket Company」2016年8月15日放送より)

最終更新:8/16(火) 14:01

TOKYO FM+