ここから本文です

【MLB】イチロー2試合連続先発出場も4打数無安打、チームは6-3で2連勝

Full-Count 8月16日(火)11時52分配信

3試合9打席連続で快音響かず、打率は.311に

 マーリンズのイチロー外野手が15日(日本時間16日)、敵地でのレッズ戦に「6番・右翼」で先発したが4打席無安打に終わった。チームはマッティングリー監督が退場処分となりながらも6-3で勝利し、2連勝を飾った。

イチロー、MLB3000安打の全打球位置イラスト

 主砲スタントンが左内転筋の故障で戦線離脱した影響で、2試合連続先発出場したイチローだが、打席で勝利に貢献することはできなかった。レッズ先発フィニガンに、第1打席はレフトフライ、第2打席は空振り三振、第3打席はセンターフライと打ち取られた。4番手ウッドと対戦した第4打席は、カウント1-2から98マイル(約158キロ)内角速球を見逃し三振。快音は響かず、出塁することも叶わなかった。これで出場3試合連続、9打席連続で無安打。打率は.311となった。

 チームは3回にマッティングリー監督が退場処分となるアクシデントが発生するも、先制、中押し、ダメ押しと打線が効果的な得点に成功。投げては、先発フェルプスが6回途中2失点と粘投した後、中継ぎ陣がリードを守るリレーで2連勝した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月16日(火)11時57分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。