ここから本文です

清武が“注目すべきアジアスター候補”に選出! 「本田や香川が見出しを独占するため彼は忘れられている……」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月16日(火)11時54分配信

セビージャでポジション確保なるか

今夏の移籍マーケットでドイツのハノーファーからスペインのセビージャへ移籍した日本代表MF清武弘嗣に対し、大きな期待を寄せているのは日本人だけではない。

米スポーツチャンネル『FOX SPORTS』が“注目すべきアジアのスター候補生たち”と題し、ウディネーゼのイラク代表アリ・アドナンや、ボーンマスのオーストラリア代表ブラッド・スミスらと共に清武を選出。トップに日本の攻撃的MFを紹介している。セビージャで熾烈なポジション争いに臨むことになる清武のクオリティについて、同メディアは次のように分析した。

「この日本人MFには攻撃面における才能に溢れている。しかし本田圭佑や香川真司といった選手達が見出しを独占し続けてきたため、清武はしばしば忘れられていた存在だ。日本代表としては2011年から選出されているものの、いまだ37キャップを数えるのみである。本田や香川に引けを取らないテクニックや才能を誇る清武がこのような扱いを受けるのは、そのユーティリティ性に原因があるのだろう。彼は左右どちらのサイドにおいても、トップ下と同じレベルでプレイすることができるのだ」

さらに同メディアは清武の新天地における活躍にも太鼓判を押した。

「スペインの名門セビージャは、ブンデスリーガで4年を過ごした清武がエベル・バネガの後継者になり得ると判断し、4年契約で彼とサインした。UEFAスーパーカップのレアル・マドリード戦を見ても、この26歳がセビージャのプランに必要不可欠な存在であることは明白だった。彼のセビージャ行きは今夏の市場で最も重要なアジア人選手の移籍になるかもしれない」

ブラジル代表ガンソやイタリア代表フランコ・バスケスなど、多くの実力者を続々と加入させたセビージャ。まずはこの面々とのポジション争いに打ち勝ち、継続した出場機会の確保に努めることになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月16日(火)12時8分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。