ここから本文です

世界初、中国が量子通信衛星打ち上げ

AFPBB News 8/16(火) 15:03配信

(c)AFPBB News

【8月16日 AFP】中国は16日、世界初の量子通信衛星を打ち上げた。国営メディアが報じた。同国は素粒子物理学の力を利用し、解読不可能な暗号を用いた通信システムの構築を目指している。

 国営新華社(Xinhua)通信によると、この衛星は午前1時40分(日本時間午前2時40分)にゴビ砂漠(Gobi Desert)にある酒泉衛星発射センター(Jiuquan Satellite Launch Center)から打ち上げられた。急速な進歩を遂げているこの技術の応用化には、日米をはじめとする各国も取り組んでいる。

 紀元前5世紀の学者にちなみ、「墨子(Micius)」と命名されたこの衛星は、長距離向けの量子通信技術の利用可能性を検証する実験に活用される見通し。

 このシステムは従来のセキュア通信とは異なり、解読に必要となる暗号キーの伝送媒体として光子を用いている。

 「墨子」は、同国西部の新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)・ウルムチ(Urumqi)と首都北京(Beijing)との間で、安全に情報をやりとりするために利用されることになっている。(c)AFPBB News

最終更新:8/18(木) 9:34

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。