ここから本文です

中国:7月発電量7.2%拡大(2016)

済龍 China Press 8/16(火) 12:19配信

 2016年8月16日、中国国家統計局が、2016年1月―7月の発電状況について発表した。

 中国2016年7月の発電量は、2015年同期と比較して7.2%増加し、5506億キロワット時となった。
 2016年1月―7月の発電量は、2015年同期比2%増の3兆3121億キロワット時となっている。

 2016年1月―7月発電量の内、火力発電量が2兆4487億キロワット時を占める。しかし発電量は2015年同期から1.9%の減少を示している。
 一方、水力発電量は前年同期比13.2%増の6049億キロワット時。風力発電量は前年同期比14.8%増の1210億キロワット時。核発電量は前年同期比24.5%増の1163億キロワット時。太陽光発電量は前年同期比27.5%増の211億キロワット時にまで拡大している。

(China Press 2016:IT)

最終更新:8/16(火) 12:19

済龍 China Press

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。