ここから本文です

「スマスマ」テロップに隠された“配慮”にファンから感謝の声。「ありがとう」「スタッフの想いが」

E-TALENTBANK 8月16日(火)21時0分配信

15日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」の番組冒頭に表示されたテロップが視聴者の間で大きな話題となっている。

今年12月31日をもって解散することを発表したSMAP。数ある出演番組の中でも「SMAP×SMAP」はメンバー全員が共演する唯一のレギュラー番組であり、料理コーナー「BISTRO SMAP」や音楽コーナー「S-Live」などで絶大な支持を誇っている長寿番組だ。

この日は放送開始前の約25秒間、「昨日、SMAPの活動についての発表がなされましたが『SMAP×SMAP』の今後の対応につきましては近日中に視聴者の皆様に報告させていただきたいと思います。本日は予定通りの放送内容をお送り致します。」というテロップを表示。その後、いつもと変わらぬ流れで「BISTRO SMAP」のコーナーが始まり、通常放送を行った。

このテロップは無音の状態で放送されたこともあり、当初はTwitterなどでも「スマスマ放送事故みたいになってたけど大丈夫か」「無音で不気味」「白背景に黒文字の無音テロップって怖いね」といった反応が。しかし、一見すると素っ気ないように見える文章の真意について、次第にネット上では様々な考察が飛び交うことになる。

中でも、「スマスマ、解散の文字を入れないテロップ、ありがとう。」「『解散』って言葉使わないでいてくれたのがずっと一緒に番組作ってきたスタッフだなぁと」「あの25秒にスタッフの想いがあるんだな」と、長年SMAPと共に番組を作ってきたスタッフだからこその“さりげない配慮”には、感謝や称賛の声が多く寄せられていた。

最終更新:8月16日(火)21時21分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。