ここから本文です

【高校野球】秀岳館が8強進出 前回4安打で打順昇格の天本が価値ある適時打

Full-Count 8月16日(火)13時11分配信

逆転ピンチをしのいだ直後の9回に3点追加で突き放す

 第98回夏の甲子園大会10日目は選抜ベスト4の強豪・秀岳館(熊本)がいなべ総合(三重)を6-1で下し、準々決勝進出を決めた。

21世紀の甲子園優勝校

 秀岳館は2回に4番九鬼の左前安打からチャンスを作り、6番広部のタイムリーで先制。3回には3番木本のタイムリーで2点目を奪った。しかし、そこからいなべ総合・山内、水谷の投手陣に抑えられ、強力打線がいつものような力を発揮できず試合は進む。4回に失策から走者を許し、いなべ総合3番の神田が1点差に迫る右翼二塁打。僅差の展開になった。

 8回、秀岳館は松尾の安打と敵失で無死一、二塁のチャンスを作った。鍛治舎監督は4番の九鬼に送りバントを命じたが、失敗。しかし、前の試合で7番ながら4安打を放ち、この日5番に入った天本が流れを切らさず、うまく右方向へ流し打ち、勝ち越しタイムリー。ミスを補うチーム打撃でリードを広げた。

 8回裏に1死満塁のピンチを無失点でしのいだ秀岳館は、9回にも3点を加えて勝利を確かなものとした。

 いなべ総合は初戦の鶴岡東戦で夏の甲子園初勝利を飾り、2回戦でも山梨学院を終盤の集中打で破るなど、躍進を続けてきたが、8強入りを前に甲子園を去った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月16日(火)13時12分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]