ここから本文です

ネットバンキング不正送金、現金盗む 容疑の中国人2人逮捕/川口署

埼玉新聞 8月16日(火)22時43分配信

 ネットバンキングの不正送金事件で、埼玉県警サイバー犯罪対策課と川口署の合同捜査班は16日、窃盗の疑いで、いずれも中国国籍の川口市西川口3丁目、職業不詳の男(27)と専門学生の女(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は氏名不詳の者と共謀して、それぞれ昨年11月27日と12月7日、同市西川口のスーパーマーケットなどに設置された現金自動預払機(ATM)から、不正に入手した中国人名義のキャッシュカードを使い、東京都に住む60代女性ら3人の口座から不正送金された現金計97万7000円を引き出して盗んだ疑い。

 同課によると、防犯カメラなどの映像から2人が浮上した。西川口地内では昨年11月ごろから同様の被害が複数発生しており、同課は関連を調べている。男は「全くやっていません」と否認、女は「友人にお金を下ろしてくるよう頼まれた」などと供述しているという。

最終更新:8月16日(火)22時43分

埼玉新聞