ここから本文です

五輪欠場ワウリンカ、現在の心境語る<男子テニス>

tennis365.net 8/16(火) 18:32配信

W&Sオープン

男子テニスツアーのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)に第2シードで出場する世界ランク4位のS・ワウリンカ(スイス)は、大会に向けて現在の心境などを語った。

【錦織らW&Sオープン対戦表】

14日まで行われていたリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)のテニス競技を腰の怪我を理由に欠場したワウリンカ。今大会は万全な状態で臨めると現状を語った。

「リハビリのために数日間必要だった。8日間は全くテニスをせずに休養し、先週の月曜日からまた練習を再開した」

ワウリンカのW&Sオープンの最高成績は2012年のベスト4進出で、11日には大会会場で練習している姿を披露。今季はここまで3大会で優勝を飾り、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)とロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)で4強入り。

今季はここまで31勝11敗のワウリンカは、練習の合間にリオデジャネイロ・オリンピックをテレビで観戦していた。

「オリンピックへ出られなかったのは、とても難しい決断だった。もし出場していたとしたら、リオまではとても長いフライトになっていたはず」

第1シードには、リオデジャネイロ・オリンピックの男子シングルスで金メダルを獲得したA・マレー(英国)がエントリーしている。

さらに第3シードで出場するR・ナダル(スペイン)は、リオデジャネイロ・オリンピックで4位に終わった。

世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)と、前年度チャンピオンのR・フェデラー(スイス)は、怪我で今大会にエントリーしていない。

ワウリンカはナダルの復帰について「また彼(ナダル)が戻って来たことは、最高のこと。オリンピックは彼にとって今季最高のハードコートでの戦だったと思う」と語った。

順当に勝ち上がると、ワウリンカとナダルは準決勝で対戦する。

また、上位8シードは1回戦が免除。ワウリンカは初戦の2回戦で、主催者推薦のJ・ドナルドソン(アメリカ)と対戦する。ドナルドソンは1回戦でN・アルマグロ(スペイン)を6-3, 7-6 (7-2)で下しての勝ち上がり。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:8/16(火) 18:32

tennis365.net