ここから本文です

開幕戦の白星を喜ぶアザール「90分間を虎のように戦った」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月16日(火)13時10分配信

去年とは違う?

イングランドのチェルシーが15日、プレミアリーグ開幕戦でウェストハムと対戦し、2-1の勝利を収めている。

昨季は低調なプレイぶりに多くの批判が集まり、スランプの原因とも揶揄されたアザールだが、今季は違う。後半にPKを決め先制弾を挙げると、その後もキレのある動きを見せ勝利に貢献。同選手は試合後、次のように開幕戦を振り返っている。英『sky SPORTS』が伝えた。

「自分たちの本拠地でファンのために勝利を取り戻すのは素晴らしいことだよ。新シーズンの開幕戦はいつだって重要なものだ。チームは良いプレイをしたと思うよ。90分間を虎のように戦った。僕たちは今後の戦いがとても楽しみだ。ファンには大きな喜びを提供したい。今日のようなスタートを切ることができて最高の気分だよ」

夏にはスペインのレアル・マドリードやフランス王者パリ・サンジェルマンへの移籍が囁かれていたアザールだが、今ではチェルシーにおける新シーズンに専念している。高精度なドリブルと突出した攻撃センス、そして敵を一瞬で置き去りにする速さをも持ち合わせたアザールこそ、今季の主役となるべき存在だ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月16日(火)13時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報