ここから本文です

ジョーンズ怜音と古賀彩花が優勝 [全日本ジュニアテニスU12]

THE TENNIS DAILY 8/16(火) 19:16配信

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '16 supported by NISSHINBO」(大阪府・靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)の大会9日目は、靱会場で12歳以下男女単複の決勝が行われた。

 男子シングルス決勝は第1シードのジョーンズ怜音(東海/三重GTC)が第3シードの水口翔瑛(関西/テニスプラザ尼崎)を6-3 6-2で、女子シングルス決勝は第3シードの古賀彩花(関東/吉田記念テニス研修センター)がノーシードから勝ち上がってきた光崎澪(東海/h2エリートTA)を6-0 6-1で下して優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は第3シードのジョーンズ/眞田将吾(東海:三重GTC)が正木康喜/前田優(九州:ラフ)を6-4 6-0で、女子ダブルス決勝は第5シードの新竹藍(東海:刈谷テニスパーク)/光崎が第4シードの早重果波/内山侑香(関東:あじさいインドアTS/INABA T.S.)を6-2 6-3で倒してタイトルを獲得。ジョーンズは単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

<12歳以下>

【男子シングルス決勝】

○1ジョーンズ怜音(東海/三重GTC)[1] 6-3 6-2 ●48水口翔瑛(関西/テニスプラザ尼崎)[3]

------------------------

【女子シングルス決勝】

○17古賀彩花(関東/吉田記念テニス研修センター)[3] 6-0 6-1 ●46光崎澪(東海/h2エリートTA)

------------------------

【男子ダブルス決勝】

○24ジョーンズ怜音/眞田将吾(東海:三重GTC)[3] 6-4 6-0 ●5正木康喜/前田優(九州:ラフ)

------------------------

【女子ダブルス決勝】

○25新竹藍/光崎澪(東海:刈谷テニスパーク/h2エリートTA)[5] 6-2 6-3 ●9早重果波/内山侑香(関東:あじさいインドアTS/INABA T.S.)[4]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/16(火) 19:16

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]