ここから本文です

ジダンは“W杯得点王”よりも20歳の新鋭を優先!? レアルの非情な放出計画が始動へ

theWORLD(ザ・ワールド) 8/16(火) 19:40配信

クラブは若き才能を重視?

コロンビアのスーパースターは肩身の狭い思いをしている。スペインの名門レアル・マドリードが今夏、やはりハメス・ロドリゲスを放出することになるという。

2014年のブラジルW杯で得点王に輝き、鳴り物入りでスペイン上陸を果たした元モナコMFに対しては、これまでにも素行不良や体重オーバーといったネガティブな報道がなされ、指揮官ジネディーヌ・ジダンとの関係悪化も懸念されている。マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマンといったメガクラブが、この25歳の攻撃的MFに関心を示したとされており、スペイン紙『MARCA』もレアルがハメス放出に向けていよいよ動き出したと報じた。同クラブではハメス以外にもスペイン代表MFイスコが放出候補として報じられてきたが、ジダンは後者を好み、さらに20歳の新星マルコ・アセンシオにも大きな期待を寄せている。アセンシオはセビージャとのUEFAスーパーカップにおいても素晴らしいミドルシュートをネットに突き刺し、その価値をアピール。ジダンがアセンシオにより多くの出場機会を与える場合、同じレフティーの攻撃的MFであるハメスはベンチから試合を眺めることが激増することになるだろう。

今夏のマーケットでは目立った動きを見せず、余剰人員の整理に努めているレアル。そのわずかな椅子を巡り、ポジション争いに打ち勝つのは誰か。チーム内での生き残りをかけた熾烈な戦いがすでに始まっている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/16(火) 19:40

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています