ここから本文です

広島は新井3打点で快勝、巨人村田が決勝弾、日ハムはSBに1差…16日のプロ野球

Full-Count 8月16日(火)23時10分配信

広島ジョンソン12勝目、巨人菅野7勝目、西武岸が100勝、SBは松田が先制弾も…

 プロ野球は16日、各地で4試合が行われた。セ・リーグでは、首位広島が阪神に快勝。4番の新井が通算301号の先制ソロを含む3打点と活躍し、今季84打点でリーグトップタイに浮上した。先発ジョンソンは7回2安打無失点の快投で12勝目(6敗)。救援陣も、今村、一岡の無失点リレーで危なげなく逃げ切った。

日ハムは首位ソフトバンクに1ゲーム差…2016年 NPB順位表

 巨人は5日の広島戦以来の登板となったエース菅野が6回4安打無失点7奪三振と好投。田原誠、マシソン、澤村とつなぎ中日打線を無失点に抑え込んだ。打っては村田が4回に決勝2ラン。菅野に7月9日のDeNA戦以来となる7勝目がついた。中日は吉見が113球を投げ抜き、9回4安打2失点で完投も、打線が援護できなかった。

 パ・リーグでは、西武が首位ソフトバンクに逆転勝ち。先発・岸は2回に松田にソロを浴びるなど、3回までに3失点。しかし、打線は4回に森、浅村のタイムリーで同点に追いつくと、呉の押し出し死球で勝ち越した。6回には秋山がタイムリー。1点差に追い上げられた9回にも秋山がソロ本塁打を放ち、突き放した。岸は8回4失点の力投で通算100勝目。ソフトバンクは先発の武田がリードを守りきれなかった。

 2位日本ハムはオリックスに鮮やかな逆転勝利。2点を追う8回、杉谷の右中間二塁打、大谷の四球などで2死一、二塁とすると、浅間の代打・矢野が右前適時打。オリックスが海田から守護神・平野に交代も、代走・谷口の二盗で二、三塁とチャンスを広げ、レアードが左前へ逆転2点打を放った。3連勝で貯金は今季最多24。首位SBに4月4日以来の1ゲーム差に迫った。

【セ・リーグ】
◇阪神 0-5 広島(京セラドーム)
勝 ジョンソン(12勝6敗)
敗 能見(7勝10敗)
HR【広】新井14号

◇中日 0-2 巨人(ナゴヤドーム)
勝 菅野(7勝5敗)
敗 吉見(4勝5敗)
S 澤村(3勝2敗30セーブ)
HR【巨】村田15号

【パ・リーグ】
◇ソフトバンク 4-6 西武(ヤフオクドーム)
勝 岸(6勝6敗)
敗 武田(11勝6敗)
S 増田(3勝5敗18セーブ)
HR【ソ】松田21号【西】秋山10号

◇日本ハム 3-2 オリックス(札幌ドーム)
勝 白村(3勝1敗)
敗 海田(0勝1敗)
S マーティン(2勝0敗17セーブ)

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月16日(火)23時10分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]