ここから本文です

アーセナルは資金力に溢れたビッグクラブ? アンリ氏「どうしてこうなってしまった……」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/16(火) 23:10配信

チームへの投資を求める

かつてアーセナルで素晴らしい活躍を見せた元フランス代表のティエリ・アンリ氏が、低調な内容に終わった古巣の開幕戦を振り返っている。

例年の如く、移籍マーケットにおいては消極的な動きに留まっているアーセン・ヴェンゲル監督率いるアーセナルは、2016-17シーズンのプレミアリーグ開幕戦でリヴァプールと激突。アレックス・チェンバレンらがゴールを挙げたものの、結局は3-4と惜敗を喫している。愛する古巣による不甲斐ない戦いぶりについて、アンリ氏は次のように述べた。英『sky SPORTS』が伝えている。

「チームが1-4で負けていても、サポーターはしっかりと応援していた。でも最終的にはストレスを抱えなければならない開幕戦を見ることになってしまったね。アーセナルは資金力に溢れたビッグクラブだと言われることがある。どんなクラブともマーケットで張り合えると。でも私にはそれが理解できない。シーズンが始まると異なる考えが生まれてくるよ。どうしてこうなってしまったのか、とね。チームは何を言われようとも、大金を投資すべきだ。もちろん選手がアーセナルへの移籍を望んでいるのならね。世界的な名手を連れてくる必要なんてない。少しの違いをもたらすことのできる選手で十分だよ」

今夏にはスイス代表MFグラニット・ジャカと日本代表FW浅野拓磨を獲得しているアーセナル。アンリ氏の願うように、残りの期間で大物を引き抜くことができるだろうか。“太っ腹な”ヴェンゲルに期待したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/16(火) 23:34

theWORLD(ザ・ワールド)