ここから本文です

いざに備え中学生鍛錬 高津の消防隊が全国入賞

カナロコ by 神奈川新聞 8月16日(火)12時9分配信

 全国大会の「少年消防クラブ交流会」で「高津ジュニアハイスクール消防隊」の川崎市立西高津中学3年生が5位となり、同隊は2年連続入賞を果たした。

 大会は3~5日、宮城県南三陸町の球場などで開かれ、同消防隊から同中学3年の泉颯人さん、浅川裕崇さん、篠崎一輝さん、南陽輝さん、八木快斗さん、渡部雄太さんの6人が参加。全国43クラブで、消火器やホースを使いながらのリレーや障害物レースなどを競った。

 東日本大震災の被災地の視察や体育館で段ボールを使った避難所体験訓練にも参加。泉さんは「震災から5年もたっているのに当時の被災の爪痕が残っていて、そのすごさを感じた。被災体験を聞いて自分たちの街が被災したとき、私たちに手伝えることが多くあることが分かった」とコメントしている。

 同消防隊には区内5中学校の生徒が参加。高津消防署と高津消防団が指導していて、前年は東橘中学校の生徒が出場し3位だった。

最終更新:8月16日(火)12時9分

カナロコ by 神奈川新聞