ここから本文です

新生AUSスーパーカーズがシモーナ・デ・シルベストロのフル参戦を希望

オートスポーツweb 8月16日(火)15時42分配信

 今季途中で伝統のシリーズ名称を変更し、新たに『スーパーカーシリーズ』として生まれ変わったオーストラリアV8スーパーカー選手権。そのスーパーカーシリーズが、インディカーとフォーミュラEを掛け持つ現役のシングルシータードライバー、シモーナ・デ・シルベストロの2017年フルタイム参戦を希望している。

 かつてはF1のザウバーでテストドライバーを務め、昨年は同シリーズ最大のお祭りである『バサースト1000』に地元ドライバーのレニー・グレイシーとともにワイルドカード枠でエントリーしたシルベストロ。タイトル経験もあるプロドライブチームのフォード・ファルコンをドライブしたが、チームメイトのドライブ中にマシンがオイルに乗り、ウォールへとヒット。40周遅れの21位に終わっていた。

 今季も同様のパッケージで10月のバサーストに登場する予定のシルベストロに対しては、スーパーカーシリーズが掲げる『2017年シーズンに向けたフルタイム女性ドライバー』の理想を満たす存在とみなされており、そのエントリーに向けて運営側が受け入れチームの財政面を援助する用意まであるという。

 昨季までアンドレッティ・オートスポートでフォーミュラEに参戦していたシルベストロだったが、10月開幕のシーズン3に向けては既報の通りシートを失っており、そうした背景もこの計画を後押しする要素になっている……とスーパーカーシリーズのCEO、ジェームス・ウォーバートンは説明する。

「彼女が、現時点において4輪最速の女性であるという事実は、新たな世代のファンの興味を喚起するもので、トップクラスのモータースポーツシリーズにおいて女性の潜在的な可能性を披露し、証明する舞台にもなる。これは我々のシリーズにとって、重要な志であり責務でもあると信じている」と、ウォーバートン。

「F1のテストドライバーも務め、インディカーでは表彰台を経験した3人の女性のうちのひとりであることなど、シモーナの成果はカートや欧州の選手権で戦うドライバーの目標になっている。それは(参戦が実現すれば)スーパーカーシリーズにも波及するだろう」

「さらに、彼女がまだわずか27歳であることを考慮すると、非常に目覚ましいキャリアだと言える」

 さらにウォーバートンは「シモーナはいくつもの選択肢とオプションを持っているので、数多くのチームやシリーズが彼女の動向を追っている」としつつも、「我々のできることをすべて試してみて、候補の筆頭に挙がることを信じている」と付け加えた。


 V8スーパーカー時代の1997年と98年には、メリンダ・プライスとカーリン・ブリューワーというふたりの女性ドライバーがホールデン・コモドアをドライブ。また欧州出身ドライバーでは、2012~13年のアレクサンダー・プレマと同13年のマーロ・エンゲルがいる。エンゲルは10月からフォーミュラEのレギュラーになることが決まっている。

 当のシルベストロは明言を避けつつも、同選手権へのエントリーは選択肢のひとつであると語った。

「(昨季の)フォーミュラEはタフな1年になってしまったけど、私は来季に向けてそこに残留できるよう、あらゆる選択肢を検討している」

「昨年のバサーストは本当に楽しめたし、確かに何か(スーパーカーには)見るべきものがあると思うの」

「今はまだ何も決定をしてはいないけれど、ここには本当に多くのファンがいるし、レースカーやドライバー、必要なもののすべてがそこにあるし、いつでも全開なのは魅力的ね」

「最終的にどういう決断を下すかは誰も知らないわ。まだ、私自身にも分からないのだもの」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月16日(火)15時43分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]