ここから本文です

GTA、第6戦鈴鹿におけるモラルハザード適用ドライバーを発表

オートスポーツweb 8月16日(火)18時55分配信

 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは、8月27~28日に開催されるスーパーGT第6戦鈴鹿1000kmにおけるGTAドライビング・モラルハザード適用ドライバーを発表した。

 GTAドライビング・モラルハザード防止制度は、スーパーGTを観戦するファンに質の高いレースを提供するため、またすべてのレースの規範となるスポーツマンシップを構築し、モータースポーツの安全性を高めるためにGTAがガイドラインを定めたもの。

 スーパーGT全戦、および公式テスト時に適用され、ガイドラインを逸脱したドライバーには、モラルハザード防止制度で定めたペナルティポイント、レース開催時の走行制限またはレースへの参加制限拒否等が課せられる。

 今回防止制度の累積点数がペナルティ基準に達したのは、アールキューズ SLS AMG GT3のベテラン和田久。第4戦SUGO終了時点で累積ポイントは7点だったが、第5戦富士において2点課せられ、合計で8点以上となったため、次回出場大会の公式予選出走が禁止となった。

 このため、アールキューズ SLS AMG GT3は第6戦鈴鹿の公式練習では城内政樹と、第3ドライバーに起用された東徹次郎がステアリングを握ることになりそうだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月16日(火)18時55分

オートスポーツweb

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。