ここから本文です

ボン・ジョヴィ 10月発売の新アルバムより表題曲解禁

Billboard Japan 8月16日(火)12時5分配信

 グラミー賞受賞経験を持ち、ここ日本でもファンの多いスーパースターバンド、ボン・ジョヴィが、ニューアルバム『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』を10月にリリース。そのタイトルトラック「ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール」が解禁となった。

ボン・ジョヴィ 関連写真など

 ニューアルバム『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』は、1984年にデビューを飾ったボン・ジョヴィ14枚目となるスタジオアルバムで、今年の夏の始め、バンドがスタジオの中から「アルバムが完成した」という写真をTwitterにアップしたことで、既にファンの間では期待されていた作品。プロデューサーには、大ヒットアルバム『ハヴ・ア・ナイス・デイ』を共作したジョン・シャンクスを起用している。

 1983年に結成して以来、輝かしい30年超のキャリアを築いてきたボン・ジョヴィ。数々のヒットアンセムを世に送り出し、50か国で3500万人以上のファンの為に2800回以上のコンサートを行ってきた彼らから目が離せない夏になるだろう。

 なお、前作の『ホワット・アバウト・ナウ』(2013年)は、2007年の『ロスト・ハイウェイ』、2009年の『ザ・サークル』に続く3枚目のプラチナムアルバムで、全米アルバムチャート1位を獲得しただけに、今回も記録に期待がかかる。

最終更新:8月16日(火)12時5分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。