ここから本文です

ゆいレール昇降機故障 各駅に案内文掲示へ

沖縄タイムス 8/16(火) 7:30配信

 沖縄都市モノレール(ゆいレール)の全15駅中、6駅の昇降機(エレベーター・エスカレーター)が故障し、直されていない問題で、沖縄県とモノレール社は15日、那覇市の同社で対応を協議した。使用可能な昇降機へ誘導する利用者向けの案内文を各駅に掲示することや、同社ホームページでも停止期間を掲載していくことを決めた。

 両者は、今後メーカー側とも協議し、故障中の昇降機の修理に必要な部品の納期の短縮ができないか打診しつつ、早期復旧を目指すことも確認した。県は、旧盆明けからメーカーとの調整を始めたい考え。

 案内文は今週中にも掲示する方針。外国人向けに多言語でも案内する。

 協議に参加した県担当者は本紙の取材に「予算の確認に時間がかかった。スピード感を持って進めないといけない」と説明。8月中にメーカーへの工事発注を目指すほか、納期・復旧を短縮できないか調整していくという。

 同社の担当者は今後、国や那覇市とも協議を急ぐ考えを示し、「お客さまに迷惑を掛けているので、1日も早い復旧を目指したい」と話した。

最終更新:8/16(火) 7:30

沖縄タイムス