ここから本文です

いなべ総合、初のベスト8はならず…左投手3人のリレーを崩せず

ベースボールキング 8/16(火) 14:00配信

第98回 高校野球選手権大会
秀岳館 6 - 1 いなべ総合
<3回戦 8月16日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会10日目。今日から3回戦に突入し、ベスト8をかけた戦いがはじまる。

 第2試合では春夏連続出場のいなべ総合(三重)が、春センバツ4強の秀岳館(熊本)に挑むも、1-6で敗戦。ベスト8進出はならなかった。

 初戦で甲子園初勝利を飾ると、2回戦でも山梨学院を破ってベスト16入りを果たしたいなべ総合。しかし、この日は勝負どころで一本が出なかった。

 相手先発の田浦文丸(2年)を前に3回まで無安打、パーフェクトに封じられる立ち上がりとなったいなべ総合。それでも4回に最初のチャンスを掴む。

 0-1で迎えた4回、先頭の奥村拓希(3年)が相手の失策で出塁すると、一死二塁となって3番・神田将嗣(3年)がライトオーバーのタイムリーツーベース。初安打が長打、それもタイムリーとなって同点に追いつく。

 さらに死球で勝ち越しのチャンスを迎えるも、渡辺雄太(3年)が代わった相手の2番手・中井雄亮(3年)を前に内野ゴロ併殺。勝ち越しのチャンスは逃してしまった。


 その後は6回に一、二塁、7回には二塁というチャンスを迎えるも、ここであと一本が出ずに無得点。相手に追加点を許した直後の8回には一死満塁のチャンスを作ったが、ここも代わった川端健斗(2年)の前に4番の藤井亮磨(3年)が左飛に倒れ、続く渡辺も三飛で得点ならず。

 勝負どころで相手の継投策を前に沈黙...。最大のチャンスを逃すと、9回には3本のタイムリーを浴びて3失点。ダメを押され、1-6で敗れた。

▼ いなべ総合・尾崎英也
「選手たちは力を合わせてよくやってくれた。声援を受けて立ち向かう姿に感動しました」

BASEBALL KING

最終更新:8/16(火) 14:00

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]