ここから本文です

センバツ4強の秀岳館が快勝!夏は初めてのベスト8進出

ベースボールキング 8月16日(火)14時0分配信

第98回 高校野球選手権大会
秀岳館 6 - 1 いなべ総合
<3回戦 8月16日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会10日目。今日から3回戦に突入し、ベスト8をかけた戦いがはじまる。

 第2試合では、春のセンバツでベスト4に入った秀岳館(熊本)がいなべ総合(三重)に6-1で快勝。夏は初めてのベスト8進出を果たした。

 初戦は常葉菊川(静岡)との注目対決を制し、3回戦に進んだ秀岳館。この日も強力打線と継投策が光った。

 まずは2回、一死三塁の場面で広部就平(2年)の打球がサードを強襲。ボールが内野を転々とする間に走者が生還し、タイムリー内野安打で1点を先制する。

 さらに3回には、二死ながら二塁とチャンスをつくると、3番・木本凌雅(2年)が三塁線を破るタイムリーツーベース。2-0とリードを広げた。


 先発した左腕の田浦文丸(2年)は4回、味方の失策からピンチを招くと、この日初めて許した安打がライトオーバーの二塁打となり、走者が生還。なおも死球で一、二塁としたところで鍛治舎巧監督は交代を決断。2番手・中井雄亮(3年)をマウンドへ送る。

 するとこの中井が期待に応え、続く打者を遊ゴロ併殺。注文通りの好リリーフで失点を最小の1点で止めた。


 その後は両者無得点が続くも、8回に天本昂佑(3年)がタイムリーを放って秀岳館が追加点。3-1とすると、その裏に一死満塁とピンチを迎えるも、ここでも継投。「落ち着きがあってリリーフ向き」と指揮官からの信頼も厚い川端健斗(2年)が後続を左飛、三飛に斬って取り、絶体絶命のピンチを0点でしのいだ。

 9回には打線がつながり、原田拓実(3年)と松尾大河(3年)が連続タイムリーツーベースを放てば、最後は4番の九鬼隆平(3年)も左中間へのタイムリーツーベース。一気に3点を加え、とどめを刺した。

 15年ぶりの夏にして、過去最高の準々決勝進出を決めた秀岳館。センバツでの4強入りに続くベスト8進出を掴んだ。

▼ 秀岳館・鍛治舎巧監督
「投手リレーがうまく行ったこと。ピンチにも落ち着いて投げてくれた。地元・熊本の皆様や支援いただいた全国の皆様にまたひとつ良い報告ができる」

BASEBALL KING

最終更新:8月16日(火)14時0分

ベースボールキング