ここから本文です

【甲子園】ベスト8の半分が決定!明徳義塾、秀岳館、鳴門、常総学院が勝ち残り 10日目の結果まとめ

ベースボールキング 8/16(火) 20:00配信

4校がベスト8入り

 夏の甲子園は16日に大会10日目を迎え、この日から3回戦の戦いがスタート。明徳義塾(高知)、秀岳館(熊本)、鳴門(徳島)、常総学院(茨城)の4チームが準々決勝進出を決めた。

 ベスト8一番乗りは明徳義塾。初出場の嘉手納を18安打13得点で圧倒し、3年ぶりとなる準々決勝進出。第2試合は秀岳館が快勝。春の4強に続き、夏も8強へ。

 第3試合では、鳴門が盛岡大付との壮絶な打撃戦を制して3年ぶりのベスト8。最終回に4点を返され、なおも一死満塁とサヨナラのピンチまで招いたが、併殺で逃げ切り。

 そして第4試合の注目カードは、常総学院が勝利。エース・寺島成輝が登板する前の序盤を捕らえ、そのまま逃げ切った。


▼ 10日目・第1試合
● 嘉手納(沖縄) 5 - 13 明徳義塾(高知) ○
明|001 315 030|13
嘉|000 000 140|5

 7年連続出場の明徳義塾が13得点を挙げて打ち勝つ。ベスト8入りは3年ぶり。初出場の嘉手納は8回に見せ場を作るも及ばず...。


▼ 10日目・第2試合
○ 秀岳館(熊本) 6 - 1 いなべ総合(三重) ●
秀|011 000 013|6
い|000 100 000|1

 センバツ4強の秀岳館が初の夏8強。終盤突き放していなべ総合を下す。


▼ 10日目・第3試合
● 盛岡大付(岩手) 9 - 11 鳴門(徳島) ○
鳴|000 500 150|11
盛|100 040 004|9

 “わんこそば打線”と“うずしお打線”による打ち合いは鳴門が制す。盛岡大付は9回に猛反撃も届かず...。


▼ 10日目・第4試合
○ 常総学院(茨城) 7 - 4 履正社(大阪)
常|230 020 000|7
履|010 011 001|4

 常総学院が“西の横綱”履正社を下して3年ぶりの8強。履正社は反撃も及ばず3回戦で散る。

BASEBALL KING

最終更新:8/16(火) 20:10

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。