ここから本文です

攻めきれなかった履正社が敗退…寺島は小技に乱されミスに泣く

ベースボールキング 8月16日(火)22時1分配信

第98回 高校野球選手権大会
常総学院 7 - 4 履正社
<3回戦 8月16日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会10日目。ベスト8入りをかけた3回戦の4試合が行なわれた。

 2回戦で実現した横浜(神奈川)との“事実上の決勝戦”を制した履正社(大阪)は、常総学院(茨城)と対戦。ところが序盤の失点が響き4-7で敗れ、日本一への道は断たれた。


 履正社の先発マウンドに上がったのは、背番号「10」の山口裕次郎(3年)。今秋のドラフトで1位候補の呼び声高い寺島成輝(3年)はベンチスタートとなる。しかし、初回に2本のヒットで2点を失うと、さっそく寺島がブルペンへ向かう。

 2回も先頭打者をヒットで出し、一死後に四球を与えたところで寺島が登場。早くもエースに頼る展開となってしまう。その寺島も、代わりばなの2連打で3点を失い、スコアは0-5。序盤から5点のビハインドを背負うことになった。
 
 その裏、履正社も反撃を開始。二死一、二塁のチャンスにに、寺島が自らのバットでレフト前に運ぶ安打を放ち、1点を返す。さらに福田観大(3年)がヒットで続き、二死満塁としたが、2番・北野秀(3年)は二ゴロに倒れて三者残塁。追い上げの好機も1点止まりとなった。


 4点を追う5回には、先頭打者に二塁打を許したところから、まさかの展開。犠打に次ぐ犠打の小技を仕掛けてくる相手に対し、寺島がエラー、暴投、フィルダースチョイスと自滅。2点を献上し、1-7と点差が広がってしまう。

 それでもその裏、二死から5番の井町大生(3年)がセンターへフェンス直撃の三塁打を放ってチャンスをつくると、続く若林将平(2年)のサードへのゴロがエラーを誘い、走者が生還。何とか食らいついていく。

 続く6回にも寺島が初球を叩き、レフトフェンス直撃の二塁打で出塁。内野ゴロで三塁に進むと、北野の内野ゴロの間に寺島が生還。7-3とし、じわじわと追い上げを見せる。

 寺島も6回以降はヒットを許さず、5者連続を含む6つの三振を奪う力投で完全に立ち直るが、自慢の打線が勝負所でことごとく打ち取られ、援護することができない。

 7回、8回と無安打に抑えられて迎えた最終回。北野がチーム12本目となるヒットを放ち、先頭打者が出塁。さらに暴投と内野ゴロの間に三塁まで進むも、3番の主将・四川雄翔、2年生4番の安田尚憲が立て続けに倒れ、ここでもホームが遠い。

 二死から5番・井町がセンター前へのポテンヒットを放ち、ようやく1点を返したものの、次打者がセカンドゴロに倒れて万事休す。
7安打で7点を奪った相手に対し、13安打で4点という拙攻も響き、優勝候補の夏は3回戦で終戦となった。

BASEBALL KING

最終更新:8月16日(火)22時8分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。