ここから本文です

夏秋トマト、みずみずしく 小松市で出荷、あす店頭に

北國新聞社 8/16(火) 16:03配信

 北陸最大のトマト産地である小松市で16日、夏秋トマトの出荷が始まった。今年は好天が続いたため、特徴であるみずみずしさを味わえる上々の出来となった。初日は主力品種「りんか409」を中心に約2・5トンが出荷された。17日中に店頭に並ぶ。

 小松市今江町1丁目のJA小松市野菜集出荷場では、農家14軒が早朝に収穫したトマトを次々と運び込み、職員が色や形、大きさごとに選別して箱詰めした。小松、金沢市の市場で17日に競りにかけられる。

 夏秋トマトは、市内で農家53軒が7・2ヘクタールで生産する。出荷の最盛期は9月中旬で、11月末までに昨年より9トン多い約570トンの出荷を見込む。

北國新聞社

最終更新:8/16(火) 16:03

北國新聞社