ここから本文です

徹底したプレスと抜群のチームワークを披露したFC佐古が、EXILE CUP 四国大会を制覇

SOCCER KING 8月16日(火)10時10分配信

 7月31日、小学4年生から6年生を対象にしたフットサル大会「EXILE CUP 2016」の四国大会が、高知県立春野総合運動公園 多目的広場で開催された。晴れ渡る空の下、たった一つの“四国大会代表”の座を懸けて集まったのは、四国圏のクラブチームや少年団、計48チーム。今年は各地区大会合計のエントリー数、出場数ともに過去最多となり、参加者は4000名を超える見込みで、大会史上最大規模での開催となる。

 開会式では、応援に駆け付けた劇団EXILEの秋山真太郎さんと小野塚勇人さん、DEEPのRYOさんが登場し、子どもたちを激励。EXILEのパフォーマーÜSAさんが考案した「EXダンス体操」でウォーミングアップを行うと、会場は笑顔に包まれた。

 開会式を終え、いよいよ予選リーグがスタート。予選リーグは、48チームをAからLまでの12ブロックに分けて行われ、各ブロックの1位12チーム、各ブロック2位の成績上位4チーム、計16チームが決勝トーナメント進出となる。厳しい暑さをものともせず、6つのコートではハイレベルな戦いが繰り広げられた。

 注目を集めたのは、攻守の切り替えが早く、多彩な攻撃パターンで得点を積み重ねたBブロックの大西キッカーズ(愛媛)。予選リーグを6-0、7-2、7-1と危なげなく3連勝し、決勝トーナメントに勝ち上がった。

 Iブロックでは、波乱が巻き起こった。昨年、個々のテクニックの高さを武器に「EXILE CUP 2015」四国大会を制した泉野FC(高知)が、2試合目でArancio Giocare(高知)を相手に1-2で敗れると、続く3試合目はSFC坂出(香川)相手に0-8と完敗。優勝候補筆頭とも言われた強豪が、グループリーグで姿を消すこととなった。

 その他、素早いプレッシングを徹底し勝利を重ねたFブロックのFC佐古(徳島)、全ブロックの中で最多得失点27を叩き出したIブロックSFC坂出など、強豪チームがそれぞれの特長を見せつけ、決勝トーナメント進出を果たした。

 激戦を勝ち抜いた16チームによる決勝トーナメント。予選リーグでは大差のつく試合が多く見られたが、決勝トーナメントでは1回戦からPK戦にもつれ込む試合や、終了間際のゴールが決勝点になる試合など、最後まで気の抜けない拮抗した展開が多く見られた。

 迎えた決勝戦。チームワークのとれたプレーで勝ち上がったFC佐古と対峙したのは、決勝トーメントをわずか1失点で勝ち抜いてきた大西キッカーズだ。試合直前のアナウンスが入り、両チームの選手が音楽に合わせ入場。決勝に臨む選手たちのモチベーションは高まるばかりだった。

 決勝戦は開始早々にゲームが動く。FC佐古が中央でボールをつなぎ、立ち上がりのスキをついて先制に成功。出鼻をくじかれた大西キッカーズは、直後に直接FKを獲得し、強烈なシュートを放つもこれはクロスバーに直撃した。

 その後も大西キッカーズに惜しいチャンスが続くと、前半6分、ついに同点に成功。しかし、直後にFC佐古がコーナーキックからゴールを挙げ、再びリードする展開で前半を折り返した。

 後半は、FC佐古の強固な守備が目立った。自陣にブロックを敷き、徹底したマンツーマンディフェンスで大西キッカーズの攻撃を阻止。最後まで全力で走り続けた大西キッカーズだったが、追加点を奪うことはできず、2-1のスコアでFC佐古が勝利を収めた。

 試合後、FC佐古の天野正樹は「今日大事にしていたのは、フォアチェックと素早いプレスで相手を自由にさせないこと。それがうまくいっていたから、優勝という結果につながったのだと思います」と勝因を振り返った。

 決勝を終え、勝利したうれしさと安堵で涙を流したのは、背番号10を背負うエースの梅津優大君だ。「決勝では緊張したけど、チームのみんなが声を出してくれて、後半はリラックスしてプレーできました。四国代表として、決勝大会でもチームワークの良さを見せていきたいです」
 
 大会通算14ゴールを決め、チームを優勝に導いた梅津君。彼を中心とした、FC佐古のチームワークあふれるフットサルが、決勝大会でも見られることに期待したい。

取材=松岡寛人 写真=白川裕一

SOCCER KING

最終更新:8月16日(火)10時10分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]