ここから本文です

元アストン・ヴィラFW、48歳で死去…警察にスタンガンで撃たれる

SOCCER KING 8月16日(火)11時38分配信

 かつてアストン・ヴィラなどでFWとしてプレーしたイングランド人のデイリアン・アトキンソン氏が15日、スタンガンの一種である「テーザー銃」でイギリスのウェスト・マーシア警察から発砲され、亡くなった。イギリス紙『ガーディアン』など複数メディアが同日に報じている。

 報道によると、イングランド西部のテルフォードにて15日の午前1時30分頃、警察への通報があった。イギリスメディア『BBC』によれば、アトキンソン氏は叫び声を上げてドアを蹴り続けるなどの行為をしていたという。駆け付けた警察官によって同氏は「テーザー銃」で撃たれ、午前3時頃に死亡が確認された。

 ウェスト・ミッドランズ救急サービスの広報担当者は「我々は1時45分頃にウェスト・マーシア警察から連絡を受け、テルフォードに救急車を派遣した。病院に搬送している間に状態が悪化し、彼は心肺停止となった。スタッフが懸命に処置を施したが、彼を救うことはできず、病院到着後すぐに死亡が確認された」と、状況を説明している。

 アトキンソン氏が撃たれた「テーザー銃」は有線の電極が空気圧で射出されるもの。今回の一件を受け、イギリスでは警察苦情処理独立委員会(IPCC)が調査を行う予定となっている模様で、今後は警察のスタンガン使用に関する議論が喚起されることになりそうだ。

 アトキンソン氏は1968年生まれの48歳。選手時代はシェフィールド・ウェンズデイやレアル・ソシエダ、アストン・ヴィラ、フェネルバフチェ、マンチェスター・C、アル・イテハドなど数々のクラブを渡り歩き、2001年に韓国の全北現代モータースで現役を引退した。アストン・ヴィラ所属時の1993-1994シーズンには、リーグカップ決勝のマンチェスター・U戦で先制ゴールを挙げ、3-1での快勝とタイトル獲得に貢献している。

 なお、同氏がかつて所属していたシェフィールド・ウェンズデイは公式ツイッターにて、「ウェンズデイの全ての人の思いは、アトキンソンの友や家族とともにある」と哀悼の意を表している。

SOCCER KING

最終更新:8月16日(火)12時28分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]