ここから本文です

アーセナル、ウォルコットPK失敗後にツイッターで次のキッカーをアンケート調査していた

ゲキサカ 8月16日(火)15時53分配信

 アーセナルが打ち合いの末に3-4で敗れた14日のプレミアリーグ第1節リバプール戦の最中に、クラブ公式ツイッターでPKのキッカーを誰にすべきかアンケート調査を実施していた。

 スコアレスで迎えた前半29分にPKのチャンスを得たアーセナル。キッカーはPKを獲得したFWセオ・ウォルコットが自ら務めたが、ゴール左へのシュートはリバプールGKシモン・ミニョレにストップされ、先制する絶好のチャンスを逃してしまった。

 するとクラブはウォルコットのPK失敗後、もし次のPKがあったら誰をキッカーにするべきかを公式ツイッターでアンケート調査。「チェフ」「マフレズ(レスター所属)」「日向小次郎」などユーザーからの冗談も飛び交う中、全体の30%の票数を獲得したFWアレクシス・サンチェスが1位となった。2位は24%でMFアーロン・ラムジー、3位は23%でウォルコット。その他が23%という結果となった。

 PK失敗直後の前半31分に汚名返上の先制ゴールを挙げたウォルコットだったが、胸中は複雑かもしれない。

最終更新:8月16日(火)15時53分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]