ここから本文です

アーセナル、ウォルコットPK失敗後にツイッターで次のキッカーをアンケート調査していた

ゲキサカ 8/16(火) 15:53配信

 アーセナルが打ち合いの末に3-4で敗れた14日のプレミアリーグ第1節リバプール戦の最中に、クラブ公式ツイッターでPKのキッカーを誰にすべきかアンケート調査を実施していた。

 スコアレスで迎えた前半29分にPKのチャンスを得たアーセナル。キッカーはPKを獲得したFWセオ・ウォルコットが自ら務めたが、ゴール左へのシュートはリバプールGKシモン・ミニョレにストップされ、先制する絶好のチャンスを逃してしまった。

 するとクラブはウォルコットのPK失敗後、もし次のPKがあったら誰をキッカーにするべきかを公式ツイッターでアンケート調査。「チェフ」「マフレズ(レスター所属)」「日向小次郎」などユーザーからの冗談も飛び交う中、全体の30%の票数を獲得したFWアレクシス・サンチェスが1位となった。2位は24%でMFアーロン・ラムジー、3位は23%でウォルコット。その他が23%という結果となった。

 PK失敗直後の前半31分に汚名返上の先制ゴールを挙げたウォルコットだったが、胸中は複雑かもしれない。

最終更新:8/16(火) 15:53

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]