ここから本文です

「アーセナルファンをワクワクさせた」リオ五輪で2ゴールの浅野を海外メディアが称賛

ゲキサカ 8月16日(火)22時12分配信

 リオデジャネイロ五輪に出場したアーセナルFW浅野拓磨に対し、『ESPN』が「アーセナルファンをワクワクさせるには十分な活躍だった」と報じている。

 4日にグループリーグ初戦のナイジェリア戦を迎えた日本。打ち合いの末に4-5で敗れたが、途中出場の浅野は左からの折り返しを左足のヒールで合わせ、技ありの追撃弾を奪った。浅野は2-2で引き分けた7日の第2戦コロンビア戦でも左足で豪快に決め、2試合連続ゴールをマーク。10日に行われた第3戦のスウェーデン戦も先発出場して1-0の勝利に貢献したが、チームはグループリーグ敗退に終わっていた。

 浅野のプレーを振り返った『ESPN』は「浅野は2ゴールを奪い、獲得を決めたアーセン・ベンゲル監督に十分な見返りがあることを示した。21歳のFWはナイジェリア戦では美しいバックヒールで得点を挙げ、次の試合ではエリア内からコロンビアのゴールを撃ち抜くなど、本物のストライカーとして活躍した」とFWとしての働きを称えている。

 さらに「もう少し試合があれば彼はもっとリズムに乗れていた。日本代表とこの若いタレントが決勝トーナメントに行けなかったという事実を後悔するのは、アーセナルのサポーターだけではないだろう」と、早すぎる敗退を名残惜しんでいた。

最終更新:8月17日(水)13時21分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。