ここから本文です

米ハーバード大寄付基金、40銘柄を売却-内部の株式チーム解散で

Bloomberg 8月16日(火)10時50分配信

米ハーバード大学の寄付基金ハーバード・マネジメント(HMC)は4-6月(第2四半期)に保有株を大量売却した。同基金は6月、内部の公開株チームを解散すると表明していた。

当局への届出書によると、HMC(運用資産376億ドル=約3兆8000億円)は4-6月期に米国株40銘柄を処分し、公開株のポートフォリオは1億6010万ドル相当縮小した。同基金の最高経営責任者(CEO)は7月に個人的理由で辞任している。

こうした保有株売却はHMCの方針転換を意味する。同基金は2年前、米国や他の先進国市場の公開株に特化して投資する基金内のヘッジファンド設立に着手したが、今年に入り拡大路線を停止。マイケル・ライアン氏ら12人のスタッフを削減した。HMCは当局への届け出についてコメントを求める電子メールに回答していない。

HMCは航空やエネルギー、鉄道分野に投資する米フォートレス・トランスポテーション・インフラストラクチャー・インベスターズの株式約300万株を手放したほか、米物流会社XPOロジスティックスの株式170万株も売却。また米EMC株約100万株も処分した。一方、中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングやインターネット検索エンジンの百度(バイドゥ)の株式を追加取得した。

原題:Harvard Sold 40 Stocks as Endowment Equities Team Was Shuttered(抜粋)

Michael McDonald

最終更新:8月16日(火)10時50分

Bloomberg