ここから本文です

星野源、新垣結衣と初共演! 役柄は自称“プロの独身男”!?

cinemacafe.net 8月17日(水)6時0分配信

新垣結衣が主演する10月期スタートの新ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。この度、本作にラブコメ初挑戦の星野源が出演することが決定。併せて主題歌も担当することが分かった。

【画像】星野源「逃げるは恥だが役に立つ」

主人公・森山みくり(25歳)は、彼氏なし、院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切り、そしてただいま休職中。「誰からも必要とされない辛さ」を日々感じている。そんなみくりを見かねた父親のはからいで、独身の会社員・津崎平匡(36歳)の家事代行として働き始めることに。かゆいところに手が届く働きぶりで津崎の信頼を勝ち取ったみくり。しかし、あるキッカケでその仕事も失いそうになる。そんなとき、将来に不安を抱え追いつめられたみくりは、ひょんな会話の流れから津崎に「就職という意味で結婚するのはどうですか?」と言ってしまう。超真面目な津崎は、検討した結果、事実婚としての契約結婚を提案。2人は周囲には秘密にして、「雇用主=夫」「従業員=妻」として結婚することに。

2人は、周囲にばれずに新婚生活を過ごせるのか!? 恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下、徐々にお互いを意識し出す妄想女子とウブ男。契約結婚の行方は――?

本ドラマは、「Kiss」(講談社)にて連載中の海野つなみによる同名コミックが原作。職ナシ彼氏ナシの主人公・森山みくりが、恋愛経験の無い独身サラリーマン・津崎平匡と、あることがきっかけで「仕事としての結婚」をすることに…。新しい「結婚」の形、そして「仕事」について考えさせられるとともに、個性豊かな登場人物たちとの人間関係も交え、笑って泣いてキュンとする新感覚の社会派ラブコメディー。

先日、みくり役には新垣さんが決定し、みくりの相手役は誰!? とネット上を沸かせた津崎平匡役に、このほど俳優・音楽家・文筆家と多方面で大活躍中の星野さんが決定。「第37回日本アカデミー賞新人俳優賞」ほか数々の賞を受賞している星野さん。ドラマ「コウノドリ」で、影のある産婦人科医を好演したことも記憶に新しいが、今回彼が演じるのは、35年間恋愛経験ナシ、IT会社に勤める超真面目なサラリーマン・津崎平匡。恋愛をしてこなかった自分を“プロの独身”であると自負している津崎だが、家事代行として働いていたみくりの“就職としての結婚”という提案を効率的と判断し、“雇用主=夫”“従業員=妻”として契約結婚をするという役どころだ。

新垣さんとは今回が初共演となる星野さん。今回の出演が決定し、原作を読んだという星野さんは、「その面白さに『あ~』と言いながら床をゴロゴロと転げ回りました」と感想を語り、「のちに野木さんが書かれた脚本を読み、その楽しさに心が躍りました」とコメント。また、「臆病だけど真っ直ぐな津崎平匡を演じられることがとても嬉しく、楽しみです。みくりと平匡の契約結婚の行方、皆さんに見守って頂けるように頑張ります」と意気込みを語った。

さらに、今回は本ドラマの主題歌も担当することが決定。ドラマのために書き下ろしたという主題歌のタイトルは 「恋」。楽曲について星野さんは、「踊りたくてムズムズする、生活を基にしたラブソングです。わけのわからないパワーで溢れた楽しい曲になりました。レコーディング中、マリンバを叩きながら『これまでとこれからの自分を全部を使って作っている』という不思議な感覚になりました」と語り、「早く皆さんに聴いて頂きたいです。この曲を、新しい夫婦を形作る世界中の人たちへ捧げます」とメッセージを寄せた。

「逃げるは恥だが役に立つ」は10月よりTBSにて放送予定。

最終更新:8月17日(水)6時0分

cinemacafe.net