ここから本文です

三菱 RVR、米国でリコール…CVTのホースが外れるおそれ

レスポンス 8月17日(水)7時30分配信

三菱自動車の米国市場での主力車種、『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』)。同車が米国において、リコール(回収・無償修理)を行う。

画像:三菱アウトランダースポーツ(RVR)

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカから、RVRに関するリコールの届け出を受けたと公表している。

今回のリコールは、駆動系の不具合によるもの。NHTSAによると、2.0リットル車のCVTのホースが外れ、トランスミッションフルードが漏れるおそれがあるという。

対象となるのは、2014年6月下旬から2015年11月下旬までに生産された車両。米国で販売された4万5731台がリコールに該当する。

三菱モータースノースアメリカでは、対象車の顧客に連絡。販売店において点検を行い、CVTホースの固定金具を交換するリコール作業を実施する。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月17日(水)7時30分

レスポンス