ここから本文です

セクゾ菊池 “SMAP魂”継承誓った 先輩見習い「個性伸ばして」

デイリースポーツ 8月17日(水)5時0分配信

 Sexy Zoneの菊池風磨(21)が16日、TOKYO DOME CITY HALLで千秋楽を迎えたソロ公演「風 are you?」をSMAPの楽曲「BANG! BANG! バカンス!」で締め、“SMAP魂”継承を誓った。

 解散発表はリオ五輪を視聴中にニュース速報で知ったといい、「ビックリした」と驚いた。バラエティーの道を切り開き、新たなアイドル像を作り上げた5人の影響を受けた菊池は「魂を継承できたら」と歌はもちろん、体を張った企画も続けていくことを誓った。

 デビュー5周年を迎えたセクゾは一時、5人から3人体制で活動。15年のフジテレビ系ドラマ「新ナニワ金融道」で共演した中居正広(43)から「5人でやろうよ」と激励されたことも現在につながっており、感謝の思いは大きい。

 SMAPのように長く愛されるグループでありたい。菊池は「お互いが才能を認め合って、切磋(せっさ)琢磨して、ただの仲良しこよしじゃなく、個性を伸ばして伸び伸びやっていきたい」とセクゾの未来へ思いを巡らせた。

最終更新:8月17日(水)7時36分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。