ここから本文です

【陸上】ボルト2冠目へ好発進 200M余裕の走りで準決勝へ

東スポWeb 8月17日(水)1時7分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ16日(日本時間17日)発】陸上男子200メートル予選9組に登場したウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)が、20秒28の1位で準決勝に進んだ。苦手のスタートでうまく出ると、中盤から流す余裕の走りだった。ボルトは100メートルですでに3連覇を達成しており、この200メートル、400メートルリレーを合わせて3大会連続3冠を目指す。

 5組に登場したジャスティン・ガトリン(34=米国)は20秒43の1着で突破した。

 日本勢では3組の飯塚翔太(25=ミズノ)が20秒49の4着で敗退し「悔しいけど、すっきりしました。次(リレー)に向けて切り替える」と話した。

 5組の藤光謙司(30=ゼンリン)は20秒86の6位、ボルトと同じ9組で走った高瀬慧(27=富士通)も20秒71の6位で準決勝に進めなかった。

最終更新:8月17日(水)1時7分

東スポWeb