ここから本文です

Webマスターへの「とりあえず会議」「よろず相談」「これやっといて」はNG! Webマスターの上司が読むべき取扱説明書

Web担当者Forum 8/17(水) 7:06配信

いまや企業サイトは顧客とのコミュニケーションにおいてなくてはならない存在です。一方、Web戦略の中核を担うWebマスターの仕事は、理解が進んでいないのが現状。Webマスターのスキルを引き出せないのは、Webマスターが不幸になるだけでなく、企業にとってもデメリットです。「Webマスターの取扱説明書」をもとに、Webマスターのスキルを最大限に生かしてください。

Webマスターの仕事は一言で表せない

こんにちは、アビームコンサルティング デジタル・マーケティングセクターの本間 充です。みなさんは、「Webマスター」というとどんな仕事をしている人を想像するでしょうか。

・企業サイトの運用更新
・Webコンテンツの企画制作
・公式SNSアカウントの管理
・ディスプレイ広告の運用
・制作会社の発注管理
……など

組織、企業のWebサイトの責任者と言えば簡単ですが、実は詳細な定義はないかもしれません。そのWebマスターや次世代のWebマスターが集まって、ディスカッションを行っているのが、私もアドバイザリーボードとして関わる「loftwork Webmaster Camp」です。

2015年2月の開始から、毎回多くのWebマスターの方に参加いただき、さまざまなテーマで議論してきました。多くの方が集まる理由には、組織・企業のなかでWebマスターという方が、まだまだ孤独であることが挙げられます。

また、組織・企業から一定の期待をかけられているものの、実際のWebマスターの役割が不明確なことも理由の1つではないでしょうか。実際、どの回のloftwork Webmaster Campも議論や情報交換が白熱しています。

Webマスターの“やらないこと”リスト

2016年度は、Webマスターのニーズに応えるために、今年度のloftwork Webmaster Campで何を議論するかを4月14日開催の「第5回 loftwork Webmaster Camp」で話し合いました。そして、6月22日の「第6回 loftwork Webmaster Camp」では、そのなかのテーマの1つである「Webマスターのやらないことリスト」について議論しました。

本来なら、「Webマスターのやるべきことリスト」を作ることが王道かもしれません。しかし、そこは和製Webマスターです。断捨離的な発想で、「やらないこと」について議論しました。

実は、私も企業のなかでWebマスターに近い仕事をしていました。そして、現在はマーケティングのコンサルタントとして、多くのWebマスターの方と一緒に仕事をさせていただいています。そんななか、

“>>>
競合のあのサイトの印刷持ってきて
<<<”

“>>>
自社で公開したスマートフォンのアプリを、私の携帯に入れてくれ
<<<”

など、実に多くの雑務や無駄な仕事に出くわす様子を目にします。そのような時間があれば、組織・企業で一番総合的にWebに詳しいWebマスターは、次の大きなコミュニケーション・プランを作るべきではないでしょうか。

1/2ページ

最終更新:8/17(水) 7:06

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]