ここから本文です

アリ・ラーター演じるクレアの姿も! 『バイオハザード』場面写真が到着

cinemacafe.net 8月17日(水)10時0分配信

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演「バイオハザード」シリーズ最終章となる『バイオハザード:ファイナル』。この度、先日の予告編に続き、期待高鳴る待望の場面写真が解禁された。

【画像】『バイオハザード:ファイナル』新場面写真

究極のアクション超大作シリーズ第6弾にして最終作となる本作。日本発の大人気ゲームから生まれた本シリーズは、ミラ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド化した元凶である宿敵アンブレラ社との戦いを描き、世界中で大ヒットを記録した。

そんな最終章を迎える本作では、アンデッドに立ち向かう人類最後の希望となった唯一の生存者アリスが、すべての悪夢がはじまったラクーンシティのハイブへ戻ることになる。そこでは巨大企業アンブレラ社が、人類唯一の生存者とのファイナル・バトルへ向けて全勢力を結集していた…。

本作の監督はシリーズすべての製作と脚本に携わり、2作目3作目以外のすべての監督を務めてきたポール・W・S・アンダーソン。キャストにはアリス演じるミラほか、『バイオハザードIII』『バイオハザードIV アフターライフ』でクレア・レッドフィールド役を演じ人気を博したアリ・ラーターが登場。そして、Netflixのオリジナルドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」でブレイク中のモデルで女優のルビー・ローズ、“キューバのブラピ”と称されるイケメン俳優ウィリアム・レヴィ、さらには、出演決定時大きな話題を集めたローラが女戦士コバルトとしてハリウッドデビューを果たしている。

このほど解禁となった場面写真では、ジャケットの左肩部分が破け、右のほほに傷を負ったアリスが荒廃した街にたたずむ姿に加え、本作でカムバックを果たすアリ演じるクレア、まだ役どころは明かされていないまでも物語で重要な役どころのルビーとアリスとの3ショットの2点。過去シリーズにおいてもその鍛え抜かれた体から繰り出されるアクションで驚愕させてきたミラ。本作ではどんなアクションが繰り広げられるのか、どんな結末を迎えるのか? ますます公開に向けて期待せずにはいられない場面写真となっている。

『バイオハザード:ファイナル』12月23日(金・祝)より全国にて公開。

最終更新:8月17日(水)10時0分

cinemacafe.net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。