ここから本文です

白井健三だけの道 20年東京五輪のエースへ期待と重圧を背負い切り開く

デイリースポーツ 8月17日(水)5時1分配信

 「リオ五輪・体操男子種目別跳馬・決勝」(15日、リオ五輪アリーナ)

 種目別決勝が行われ、男子跳馬で白井健三(19)=日体大=が新技の「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」を決めて銅メダルを獲得した。団体総合の金に続いて2つの目のメダル。日本人の跳馬でのメダルは1984年ロサンゼルス五輪の具志堅幸司、森末慎二の銀メダル以来32年ぶり。

 その名には父と母の願いが込められている。3兄弟の末っ子。母の徳美さん(52)は次男晃二郎を出産後、流産を経験した。「ショックだったんですよ」と父勝晃さん(56)。だから、その1年半後に生まれた三男の名には、切なる思いが刻まれた。「健康な三男に」と-。

 体操は2人の兄がお手本だった。子供の頃から負けず嫌い。常に兄たちの演技を見て、食らいついて上達していった。幼稚園の時、小学生の大会に「出たい」と、泣いて駄々をこねてオープン参加。そして周囲の度肝を抜いた。完璧な床の演技で、次男晃二郎を抜いて2位に。オープン参加のため表彰状をもらえず、また泣いた。13年に日本最年少で世界選手権代表になると、2人の兄は「白井健三の兄」と呼ばれるようになったが、健三もまたそう呼ばれることが苦痛だった。「ずっとお兄ちゃんたちの練習を見本にしてきた。本当に普通の兄弟だから」。だから初めての五輪で示したかった。白井家の体操で、五輪で活躍する姿で、感謝の気持ちを-。

 その背中には友たちの思いも背負っている。白井は「天才」という言葉を嫌う。誰よりも努力している自信があるから。ただ、大舞台に立つ自分には、果たさなければいけない使命があることは分かっている。高校時代、親友が卒業を機に体操を辞めると口にした。「なんで?辞めないでよ」。そう話す白井に友は言った。「みんな健三みたいに体操だけで食っていけるわけじゃない」。心に刺さった言葉は、少年に責任を自覚させた。そして心に誓った。「誰もが立てる舞台じゃない。自分ができる最高の演技をしよう」と。

 13年に世界王者となってから、“ひねり王子”として注目され、大きな重圧を背負った。練習が思うようにならない時期、気持ちが切れそうになることもある。周囲が思っているほど順風満帆な体操人生じゃない。エースとなる期待を担い、歩む20年東京五輪までの4年。重圧はきっとさらに増す。ただ、それでも体操選手じゃない自分は思い描けない。「生まれ変わっても、僕はこの人生を歩みたい」-。支えてくれる人たちへの感謝とともに、白井健三だけが歩める道を切り開いていく。

最終更新:8月17日(水)5時1分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]